HOME > 教育・研修セミナー > ISO9000教育・研修セミナー

品質マネジメントシステム(QMS)規格
ISO9000教育・研修セミナー

ISO9001規格改正対応セミナー!「品質マネジメントシステム構築・見直しのポイント」

★FDIS(最終国際規格案:7/1発行予定)対応!!
★ISO9001:2015改正の全体像と主な変更点をわかりやすく解説!
★規格改正対応に必要な基本知識と実践手法をあわせて解説!

みなさんが実際に構築、運用している品質マネジメントシステム(QMS)を、ISO9001の2015年の改正に対応して見直すために必要な基本知識、手法などについてわかりやすく解説します。

改正される要求事項だけではなく、改正内容をどのように品質マネジメントシステム(QMS)に反映させるかについて、構築・見直し手法の例示なども交えて具体的に解説します。

コース内容
【第1部】ISO9001:2015規格改正のポイント
1.  ISO9001改正スケジュール
2.  ISO9001:2015改正の全体像
3.  主な変更点の概要
4.  リスクベースのアプローチ
【第2部】ISO9001 FDIS要求事項の理解
1.  組織及びその状況の理解
    ・外部の課題、内部の課題の決定
2.  品質マネジメントシステム及びそのプロセス
    ・プロセスアプローチの基礎と実践手法について
3.  リスク及び機会への取組み
    ・リスクマネジメントの基本を理解する
4.  その他主要な要求事項
    ・リーダーシップ
    ・文書化した情報
    ・組織の知識
    ・外部から提供される製品及びサービスの管理
    ・その他
【質疑応答】

*セミナーの内容はISO/FDIS9001(7/1発行予定)に基づきます。開催時の改正状況に応じて内容が変更となる場合もあります。
受講料 ¥35,000+税

ISO9001規格改正対応セミナー!「ISO9001:2015改正に向けたリスクアセスメントの考え方・進め方」

★ISO9001改正に対応する構築のポイントを解説!
★SWOT分析で外部・内部の課題を明確化!
★「リスク及び機会への取組み」に対応したリスクアセスメント手法を実践解説!

2015年ISO9001改正の大きな変化点である①外部・内部課題の決定、②リスク及び機会への取組みは、どちらも“リスクに対応するプロセス”、“リスクベースの思考” といった形でこれまでの品質マネジメントシステムにも含まれていましたが、より明確で具体的な要求事項となっています。

ISO9001改正に対応する構築のポイントであるSWOT分析による組織の状況(外部・内部)の把握・課題の決定や具体的なリスクアセスメント手順を演習を交えて解説します。

SWOT 分析による外部・内部状況の把握と課題の決定
コース内容
【第1部:解説】
1.  リスクに基づく考え方」とは
2.  ISO9001:2015改正の全体像
3.  ISO31000:2009によるリスクマネジメントの概要
4.  組織及びその状況の理解
5.  リスク及び機会への取組み
6.  リスクアセスメント手順と事例解説
【第2部:演習】
1.  SWOT分析による組織の状況(外部・内部状況)の把握と課題の決定
2.  リスクアセスメント実践演習
【質疑応答】

*SWOT分析 S:強み、W:弱み、O:機会、T:脅威による分析手法
*セミナーの内容はISO/FDIS9001に基づきます。開催時の改正状況に応じて内容が変更となる場合もあります。
受講料 ¥35,000+税

【無料】ISO 9001改正に備える!「リスク管理手法導入と統合リスク管理体制」


早ければ、2015年にISO 9001が改正される見込みです。改正後は他のマネジメントシステムと同様、品質リスクの識別・分析・評価・対応の実施が求められます。
また、ISO 9001のみならずISO 14001や様々な規格を導入する組織が増え、現場は書類作成が仕事に…。今回の改正を好機ととらえ、積極的にマネジメントシステムの効率性及び有効性向上に取り組むことをお勧めします。

コース概要
1.  ISO 9001改正の骨子とスケジュールはもちろんですが、今回の改正で最も大きなインパクトと言われている、品質リスクの識別・分析・評価・対応の具体的な文書化を含めた実践的手法の基礎が理解できます。

2.  品質・環境・労働安全・食品安全・情報セキュリティ・事業継続等々、組織は様々なリスクを抱えています。これらのリスクをひとつの統合リスク管理体制として統合し効率化を図るために必要な手法が理解できます。

3.  少子高齢化を背景にした日本市場の縮小は留まるところを知りません。また、TPP交渉参加による影響も気になるところ。社会環境・経済環境の変化に伴う、海外取引、国際標準規格の動向が理解できます。
受講料 無料

PJI主催 ISO9001:2015シリーズ審査員/主任審査員研修コース(5日間) 【No.S-04】

主任審査員になるために必要不可欠な技能と知識を学べる5日間のコースです。

本コースは、ケーススタディーや4日目に実施する模擬審査など、さまざまな研修教材を用いた体験型演習による加速学習法にて審査員に必要な知識、技能を実践的に習得することができます。また、研修コースの最終日には最終試験を実施します。本コースに合格し、 審査員に必要な諸要件を満たすとIRCA の審査員として登録することが可能です。 本コースの所要時間は4日目までは1日10時間程度、最終日は2時間半の筆記試験を含む5 時間程度です。

本コースは国際審査員登録機構(IRCA)の認定研修コースです(IRCA コースNo. A17983)。また、参加可能人数には限りがございます。

対象者
このような組織・企業様、ご担当者様にお勧めします
  • ■品質マネジメントシステムの本質を理解し、審査技能を習得したい組織・企業様
  • ・組織の目的・目標を達成するための有益な品質マネジメントシステムを構築したい。
  • ・内部監査員の育成や効果的な内部監査を実施したい。
  • ■品質マネジメントシステムにおけるパフォーマンスを改善したい組織・企業様
  • ・現在運用している品質マネジメントシステムの有効性を評価・分析し、効率的かつ継続的に改善したい。
  • ・問題点の根本的な原因を明確にし、効果的な再発防止策を実施したい。
  • ・有効性を重視した内部監査を実施し、組織内から多くの「改善テーマ」を導きたい。
  • ■品質マネジメントシステム構築や監査の指導をされる方、審査員を目指している方
  • ・審査登録機関の品質マネジメントシステム審査員として活躍したい。
受講条件
IRCA の要求により、受講者は受講に先立ち以下の知識を有していることが求められています。
  • a) 以下のマネジメントシステムの原則およびコンセプトに関する知識:
  • i. “Plan-Do-Check-Act”(PDCA)サイクル
  • ii. マネジメントシステムの主幹となる要素および経営者の責任、方針、目標、計画、実施、測定、レビュー、継続的改善の相関
  • b) 以下の品質マネジメントの原則およびコンセプトに関する知識:
  • i. 基本概念および7 つの品質マネジメント原則(ISO 9000 に基づく)
  • ii. 品質マネジメントと顧客満足の関係性
  • c) ISO 9001 の要求事項に関する知識およびISO 9000 にも記載されている、一般的な品質マネジメント用語とその定義。
料金に
含まれるもの
コースマニュアル
受講料 ¥180,000+税

ISO9001:2008規格解釈コース(1日間) 【No.S-01】

本コースは、企業の成功に有益な結果をもたらす品質マネジメントシステムを事業活動に生かそうとするすべての方を対象に、ISO9001:2008の基本を学びながら組織の品質目標や社会経済的ニーズの達成の一助となる管理体制を確立する重要性、品質マネジメントシステム構築のポイント、品質マネジメントシステムとしての運用及び内部監査の手法につなげていく為の基礎を習得します。組織はISO9001:2008のマネジメント規格を取り入れることによって、社会への信頼度獲得と経費の削減に役立ち、結果として企業価値と競争力を高めることにもなります。

対象者
  • ISO9001規格に興味のある方/基本から学びたい方
  • ISO9001審査員資格取得を目指す方
  • ISO9001の認証取得を目指している組織または既に取得している組織に所属している方
  • ISO9001の基礎知識を補完したい方
受講料 ¥20,000+税(テキスト、昼食代含む)
コース概要
1.  ISO9001品質マネジメントシステムの必要性について
2.  品質マネジメントの8原則
3.  事例を踏まえた品質マネジメントシステムの要求事項解説
4.  ISO9000シリーズ/ファミリー規格の概要解説
5.  品質マネジメントシステム重要用語解説

ISO9001:2008版コース(1日間)

IRCACPD推奨コース

ISO 9001:2000の「追補改正版」であるISO 9001:2008規格発行に伴い、ISO 9001:2000の認証を取得した組織は、品質マネジメントシステムの運用などに関する見直しと、適切な対応を行わなければならなくなりました。ISO 9001の改正による実務・審査・認証取得への影響を理解し、適切な方策をもって移行することで引き続き品質マネジメントシステムのプロセスに基づく効率的な業務体系の維持が可能となります。

本コースでは、移行を必要とするすべての企業様、担当者様を対象に、受審時の基準となるJIS Q 9001:2008規格の変更点を解説するとともに、本改正のポイントである「規格要求事項の明確化」「規格解釈の曖昧さの除去」「ISO 14001との整合性向上」を大きな柱として、理解を深めていただけます。

規格要求事項に関する誤解をとき、品質マニュアル・規程・手順書などを2008年度版に対応させる最良の機会となることをお約束いたします。マネジメントシステムをより有効なものにするためにも、受講をお勧めします。

対象者
  • ISO9001の認証を取得または計画されているすべての企業様
  • 品質マネジメントシステムでの業務見直しをお考えのすべての方
受講料 ¥20,000+税(テキスト、昼食代含む)
コース概要
1.  ISO9001:2008規格概要・変更内容の解説
2.  文書化する必要性の検討
3.  教育訓練計画書について
4.  2008年版の内部監査プログラム及び記録の解説
5.  経営層によるレビューの重要性

ISO9001審査員研修コース(7日間) 【コースNo. S90LA】


通学/受講期間 通学7日間/受講期間:5ヶ月
受講料 ¥319,000+税(テキスト、昼食代含む)
コース
組み合わせ
(1)ISO内部監査員コース(通学2日間)
(2)ISO9000:2008シリーズ審査員/主任審査員研修コース(通学5日間)
習得内容
技術
規格の知識等を習得した上で審査員養成コースを受講することで審査員を目指す場合にも効果的な内容