HOME > ISO構築/有効性向上教育研修 > GFSI承認スキーム-FSSC22000/BRC

GFSI(Global Food Safety Initiative)承認スキーム
FSSC22000 BRC

GFSI(Global Food Safety Initiative)は、食品安全システムの継続的改善を目的に2000年5月に設立された非営利団体です。“safe food for consumers everywhere”(どこの消費者にも安全な食品を届ける)というビジョン・ミッション・目標を達成するため、GFSIガイダンス文書を基準として食品安全規格または食品安全システム・認証システムを評価し、要件を満たすものをGFSI承認スキームとして公表しています。

世界の消費財業界メーカー・小売企業などからなるTCGF(The Consumer Goods Forum)によって運営されており、GFSI承認スキームは、食品安全に対する消費者の関心の高まりから、食品製造かかわるサプライヤーには必須の基準になりつつあります。

「食の安全」に関する全国無料セミナー開催中

HACCP、ISO22000をはじめ、GFSI*に承認された国際的な食品安全スキームであるFSSC22000、SQFコード、GLOBALG.A.P.といった現在主流となっている食品安全関連規格やスキームについて、最新動向も交えて解説する無料セミナー「食品安全スキーム、効率的導入のポイント」を開催中です。

*GFSI:世界の消費財業界メーカー・小売企業など650社以上によって組織されるTCGF(The Consumer Goods Forum)によって運営される非営利団体

対象
  • 食品安全と主要国際規格の概要をお知りになりたい方
  • 食品安全に関する主要国際規格の取得をご検討の方
  • 食品関連企業の品質管理・食品安全のご担当者様
内容
  • 食品安全を取り巻く環境(市場環境とGFSIの取組み)
  • 各種食品安全マネジメントシステム規格の特徴
  • グローバル・マーケット能力開発プログラムとHACCP
  • 取組み事例

GFSI承認スキーム一覧

GFSI承認スキーム一覧 ・IFS PACsecure, Version 1
・Global Aquaculture Alliance Seafood Processing Standard Issue 2 – August 2012
・GLOBALG.A.P. Integrated Farm Assurance Scheme version 4 and Produce Safety Standard version 4
・FSSC 22000 – October 2011 Issue
・Global Red Meat Standard (GRMS) 4th Edition Version 4.1
・CanadaGAP Scheme Version 6 Options B and C and Program Management Manual Version 3
・SQF CODE 7TH EDITION LEVEL 2
・BRC GLOBAL STANDARD FOR FOOD SAFETY ISSUE 6
・IFS Food Standard Version 6

FSSC22000

FSSC22000とは、The Foundation for Food Safety Certification(FSSC、2004年オランダで設立)が開発・所有する食品製造のための食品安全システムのスキームです。

英国規格協会のPAS220発行に伴い、FSSCによりFSSC22000「ISO22000-PAS220」というスキームが開発され、2009年5月にGFSIにより承認されました。その後、PAS220はISO/TS22002-1となりました。

ISO22000の目的が、食品供給のあらゆる場面において利用できる国際規格を確立すること、つまり「農場から食卓まで」のアプローチである一方で、ISO/TS20002-1は、前提条件プログラム(PRP)の要求事項を明確にすることを目的に、食品製造のために設計・開発されました。なお、食品包装製造業ではISO/TS22002-4が適用されています。

FSSC22000はISO22000という国際規格をベースにしたGFSI承認スキームであり、グローバルスタンダードなスキームとしてのメリットがあるほか、FSSC22000の食品安全マネジメントシステムは品質や環境、労働安全衛生のマネジメントシステムと統合できるとして、食品安全の世界において大きなエポックを画するものであるといわれています。

BRC Global Standards

BRC Global Standardsとは、英国小売協会BRC(British Retail Consortium)が開発・運用している規格です。
最近は英国だけではなく他の欧州諸国の小売店も、取引に際して、BRC規格取得を条件として求めてくることが多くなっています。

BRC規格は、GFSI承認スキームである食品安全規格のほか、消費財、梱包・包装材、保管・流通等の4種類の規格を有しています。
パッケージ規格を個別規格として発行しているのは現在のところBRC規格以外になく、梱包・包装材のBRC規格(BRC/IOP Global Standard for Packaging and Packaging Materials )のGFSI承認に向けた準備が進められていることから、パッケージのサプライヤー企業から特に注目されています。

  • BRC Global Standard for Food Safety (食品安全)
  • BRC Global Standard for Consumer Products (消費財)
  • BRC/IOP Global Standard for Packaging and Packaging Materials (梱包・包装材)
  • BRC Global Standard for Storage and Distribution (保管・流通)
(括弧内は弊社仮訳)

BRC Global Standard for Food Safety

食品安全、消費財、梱包・包装材等の各BRC規格のうち、現在GFSIに認められているのは、 食品安全のBRC規格(BRC Global Standard for Food Safety)で、 90カ国以上、1万1,000以上の企業に採用されています。

翻訳状況 (英語版のほか、14カ国語の翻訳があるが、現在のところ日本語版はない。)

英語  アラビア語  中国語(簡体字)  チェコ語  オランダ語  フランス語  ドイツ語  イタリア語
ノルウェー語  ポーランド語  ポルトガル語  ポルトガル語(ブラジル)  スペイン語  スウェーデン語
タイ語  トルコ語

BRC/IOP Global Standard for Packaging and Packaging Materials

梱包・包装材のBRC規格の要件にはISO9001のシステムの中心的要素が複数含まれているため、もし貴社がISO9001をすでに取得されているならば、梱包・包装材のBRC規格運用への対応作業を最小化することが可能です。世界市場へとビジネスを拡大するきっかけとして、梱包・包装材のBRC規格への取組みを検討されてはいかがでしょうか。