HOME > ISO構築/有効性向上教育研修 > AS9100(航空宇宙産業QMS)

航空宇宙産業 品質マネジメントシステム規格 AS9100

ISO9001に航空宇宙産業固有の要求事項を加えた規格

AS9100は、米国品質協会(ASQ:American Society for Quality)が発行している品質マネジメントシステム(QMS:Quality Management System)規格です。
主要な航空宇宙関連の製造会社で構成される委員会が、航空宇宙産業のサプライチェーン全体に適用できる共通規格として作成しました。

ゼネラル・エレクトリック、プラット・アンド・ホイットニー、ボーイング、ロールスロイスといった企業は、航空宇宙産業関連の部品やサービスの供給者に対して、AS9100への適合を要求しています。

既存のマネジメントシステムとの統合

AS9100は、国際標準化機構(ISO)の品質マネジメントシステム規格ISO 9001のすべての要求事項を取り入れた上に、航空宇宙産業固有の要求事項を追加しています。そのため、環境など既存のマネジメントシステムと、運用・審査を統合することができます。

AS9100シリーズ

航空宇宙産業のサプライチェーンを構成する、製造業でない事業者を対象としたAS9100のシリーズも発行されています。

AS9110
航空宇宙産業 整備事業者向け 品質マネジメントシステム規格
AS9120
航空宇宙産業 卸売事業者・商社向け 品質マネジメントシステム規格

AS9100認証取得のメリット

  • AS9100認証の取得によって、貴社は品質の向上や欠陥の削減に真摯に取り組み、顧客満足を高めようとしている、信頼できる供給者であることを示せます。
  • 国際航空宇宙品質グループ(IAQG:International Aerospace Quality Group)が運営する、世界共通のデータベースシステム「OASIS(Online Aerospace Supplier Information System)」に名前を登録できるようになります。OASISはインターネットから利用できるため、世界中の顧客からの受注機会につながります。

AS9100と同等の規格・類似の規格

AS9100はIAQGが制定した規格IAQG 9100を基に米国で作成されました。同様に、欧州ではEN 9100、日本ではJIS Q 9100という規格が、IAQG 9100を基に作成されています。
これらの規格の技術的内容は同等で、国際相互認証を行っているため、いずれの規格の認証を取得しても、世界で通用します。

また、三菱重工業株式会社(名古屋航空宇宙システム製作所)が承認を行っている品質マネジメントシステムMSJ4000は、要求事項の多くがAS9100と共通・類似しています。もし貴社がMSJ4000の承認を取得されているならば、AS9100の認証も比較的容易に取得可能です。世界市場へと営業を拡大するきっかけとして、AS9100への取り組みを検討されてはいかがでしょうか。

PJCではセミナーも開催しております。セミナーに関する詳しい情報はAS9100セミナーのページをご覧ください。