HOME > 内部統制/IFRSコンサルティング > 内部通報システム現状調査・分析

内部通報システム現状調査・分析

The Perry Johnson Companies

内部通報システムの有効性を検証

内容 内部通報体制を構築していない、または構築していても形骸化している場合は、組織が自浄作用を発揮できず、「不正行為の発見が遅れる」「通報内容が社内外に漏れる」「内部告発に発展」「ハラスメント行為が助長」といったコンプライアンス違反や企業不祥事が懸念されます。

本サービスは、これまでペリージョンソン コンサルティング(PJC)が内部統制やコンプライアンス体制等のコンサルティングで培い得た独自のノウハウによる評価チェックシートを使用し、現状の内部通報システムの完成度、従業員様等の認識等を含めた文書調査・面談調査等から実績等も確認し、課題と改善対策を報告書にまとめて納品します。

これから内部通報システムを構築または見直す場合、事前に第三者(専門家)の視点で確認することにより、漏れや無駄を防ぎ、効率的な対応をするために役立てることができます。
概要
  • ① 実地調査(書類確認含む)
  • ② チェックリストに基き評価し、課題の抽出および有効性向上に必要な指摘を報告書にまとめます
工数 実地調査1日~、報告書作成1日~
※調査対象の範囲により日数が増える場合もございます
※実地調査後、報告書の納品までは所定のお時間を頂戴します



内部通報システム現状調査・分析に関するご質問・お問い合わせはこちら