HOME > 教育・研修セミナー > ISO/TS16949教育・研修セミナー

自動車産業 品質マネジメントシステム規格
ISO/TS16949教育・研修セミナー

ISO/TS 16949 規格要求事項解説 無料セミナー

貴社の備えは大丈夫ですか?
IATF承認取得・維持ルール 第4版への対応

適用が始まった「IATF承認取得と維持のためのルール」第4版に関する注意点をはじめ、規格の目的や要求事項の主要ポイントについて解説します。すでにISO/TS 16949の認証を取得済みの企業、これから認証取得を目指す方も、ぜひご参加ください。 

対象者
  • ①ISO/TS 16949の認証取得済みで「IATF承認取得と維持のためのルール」第4版の変更点について確認したい方
  • ②ISO/TS 16949の認証取得を検討中の企業
コース内容
  • ISO/TS 16949規格の目的
  • コアツールの効果的な活用法
  • IATF承認取得と維持のためのルール第4版の変更ポイント ほか
受講料 無料

ISO/TS16949内部監査員コース(2日間) 【No.S-22】

ISO/TS 16949は、業界固有の要求事項を追加して作成された自動車業界のグローバルな品質マネジメントシステム規格で、欧米自動車産業向けの既存の規格(QS-9000など)を、特殊な要件を補いながらISO9001:2000と統合させています。自動車製造関連ビジネスの急速な国際化に伴い、日本国内においても今後この規格の採用が浸透していくことが予想されています。

本コースでは、ISO/TS16949規格の要求事項を満たすために必要な内部監査技術について学びます。ISO/TS 16949規格の要求事項を満たすため要求されている内部監査の実施を担当する予定のある方には最適なコースです。

対象者
  • 企業/組織内で内部監査を担当されていらっしゃる方、またその候補者
  • 企業組織においてシステム(ISO/TS16949)の構築、運用または改善を担当される方
  • 自動車産業/関連業界で内部監査を担当する方・管理する方、規格要求事項理解を目指す方
受講料 ¥72,000+税(テキスト、昼食代含む)
コース概要
1.  TS16949規格要求事項・必須事項
2.  基本的監査原則の理解/監査基本原則
3.  文書を通じての客観的証拠の検出
4.  内部監査の実施
5.  監査結果の報告
6.  是正処置の解消