0120-49-8218

FSMA「食品安全計画(国内HACCP制度化対応)」
を作成するための『集合研修会』のご案内

「食品安全計画」は、米国食品安全強化法(FSMA) 第103条のPCHF規則(ヒト向け食品に対する予防コントロール)で、米国に輸出する食品に関して食品製造事業者(※品目や企業規模により適用が異なります)が策定しなければならないと義務付けられています。

本集合研修では、「食品安全計画」の作成を解説し、受講者は実際にフォーマット(書式)を使って食品安全計画を作成します。予防コントロールの基礎的な仕組みを短期間で効率よく構築することが目標です。全5回のうち、第1 ~ 2回はPCQI(予防コントロール有資格者)資格が取得できる2日間コースとなっており、この機会にあわせてPCQI資格の取得をご希望の方は全5回、既にPCQIを取得済の方や、まずは食品安全計画の作成をという方は第3 ~ 5回のコースとお選びいただけます。

対象

本セミナーは、以下のような食品事業者様を対象としております。

  • 食品安全計画の対応に課題をお抱えの方
  • PCQI資格者、ならびに食品安全管理者の養成をお考えの方
  • 将来、自社の製品を米国でも販売したいとお考えの方
研修内容
  • 第1回~第2回   PCQI養成コース(2日間)
  • 第3回      ハザード分析、予防コントロール解説+妥当性確認
  • 第4回      ハザード分析レビュー、予防コントロールレビュー、妥当性確認
  • 第5回      記録・検証、リコール計画、その他文書まとめ、質疑応答
料金
調整中

ご注意

  • *コンサルタント・行政書士・税理士・弁護士など、当社と競合する可能性のある業界・職業の方の参加はご遠慮いただいております。
  • *最少遂行人数に満たない場合は開催中止になることもございます。 *スケジュール・内容は変更される場合がございます。
  • 【個人情報の取り扱いについて】お申込みに際して取得した個人情報は、個人情報保護法、その他法令ならびに当社の個人情報保護方針に定められた社内規定に 則り適正に管理いたします。個人情報は、本セミナー受講に際して必要な場合に利用するほか、今後当社が主催あるいは協賛するセミナーやイベントのご案内、 当社が提供する商品のご案内、商品に関する調査に利用させていただく場合がございます。